ランキング

就・転職活動をする時に、武器になるのは何といっても資格です。資格はあなたがしっかりとした知識やスキルを持っているということの証となり、また採用ラインをギリギリ別ける時の客観的な判断材料にもなります。
当サイトでは、そうした就・転職に役立つ資格や、将来的に独立をサポートするための上位資格をご紹介しています。
資格を取って自分の価値を高めたい、意欲あるみなさんを応援します!

口コミお薦め資格ランキング

■第1位 ファイナンシャルプランナー
■第2位 宅建士
■第3位 TOEIC
■第4位 日商簿記
■第5位 ITパスポート
■第6位 行政書士
■第7位 インテリアコーディネーター
■第8位 社会保険労務士

ズバリ!就・転職&独立に活かせる資格はこれ!

■第1位 ファイナンシャルプランナー
『マネーの総合専門家』として、個人のお客様の財政的な人生設計をサポートする、ファイナンシャルプランナー(FP)。生命保険、損害保険、銀行、証券会社など金融業種の就職に強い、パスポートともいえる資格です。
詳しい情報はコチラ→

■第2位 宅建士
毎年20万人が受験するスタンダードな国家資格。不動産業経営が、百貨店や商社、鉄道会社、金融機関、保険、商社へと広がるいま、あらゆる業種の就・転職に活きてくるのがこの資格。ビジネスマン必須の基本的な法律知識が身につくことも人気の秘密です。
詳しい情報はコチラ→

■第3位 TOEIC
日本だけでも年間160万人が受験する英語検定のトップランナー。いまや就活のエントリーシートもTOEICで評価される時代に入り、英語力が必須の企業・職種への備えにTOEICのスコアは欠かせません。ご自身の英語スキルレベルをチェックするためにもぜひチャレンジしましょう!
詳しい情報はコチラ→

■第4位 日商簿記
「会社の仕組み」「経営の仕組み」がわかる知識のベースとなるのが簿記のスキル。社会人すべての人に、限りなく活用範囲が広がるのが簿記の資格は就職活動の武器の定番ともいえます。税理士や公認会計士の先輩方も、まずはこの資格からスタートしています。
詳しい情報はコチラ→

■第5位 ITパスポート
平成21年4月からスタートした、すべての社会人対象の情報処理技術者試験です。ITパスポートの知識があると、単に「パソコンの操作ができる」というレベルを軽々超えていくことができます。リテラシー能力を高め、就職・転職を目指す方には最適の資格です。
詳しい情報はコチラ→

■第6位 行政書士
いくらでも新しい業務を開拓できる自由度で定評ある、開業系国家資格です。「著作権のプロになる」、「国際業務に精通して外国人の方を支援する」、「薬事法に精通して活躍する」…。開業行政書士には、さまざまな将来のつくり方が可能です。
詳しい情報はコチラ→

■第7位 インテリアコーディネーター
住む人の個性やライフスタイルを反映させた“快適な住空間”を実現するスペシャリスト。華やかなイメージがあるだけでなく、住宅メーカーや建設関連会社、設計事務所、住宅設備関連メーカーなど多様な職場への就職・転職に道が開ける堅実性もこの資格の人気の秘密です。
詳しい情報はコチラ→

■第8位 社会保険労務士
主に企業で働く方々のために、社会保険の手続き給与計算のサポートを行ったり、労働環境を改善したりする専門家。一般企業の総務部・人事部などでスペシャリストとして活躍する、金融機関で年金相談業務を担当する、保険会社でコンサルティング業務に携わる、独立開業する、など資格の活かし方は多様に広がっています。
詳しい情報はコチラ→

次のページ >>

>>資格に適した勉強方法を知ろう!