ファイナンシャルプランナー

■第1位 ファイナンシャルプランナー
個人のお客様の、財政的な人生設計をサポートするスペシャリスト

難易度

★★

就・転職評価

★★★

独立・開業

★★★★

■ファイナンシャルプランナー(FP)の資格と仕事
ファイナンシャルプランナー(FP)は、『マネーの総合専門家』として、個人のお客様の財政的な人生設計をサポートします。個人の財政問題には、お子さんの教育資金計画、マイホームの購入プラン、不動産など資産の運用、老後の生活設計、資産の相続などなどさまざまな要素があります。そのようお客様個々人の状況をコンサルティングした上で、ご本人の要望に沿った長期プランを提案するのがFPの役割です。
そのためFPは、幅広く金融知識を身に着け、守秘義務などを守る誠実さを持ってお客様に接します。年金や医療費の問題など個人を守る制度が先行き不透明ないまの時代。お客様の安心・充実した人生のアドバイザーとして、年々脚光を浴びるようになっている注目の国家資格です。

■リクルーティング活用度
日本FP協会の2級FP技能士(AFP)の資格取得者は、約8割の方が企業にお勤めしています。業種は生命保険、損害保険、銀行、証券会社、不動産会社などが中心です。企業内でFP資格を活かす彼らは、一般に「企業系FP」と呼ばれています。これらの業界では、生命保険など自社の商品をお薦めしたり資産税・相続対策などのご相談をする上で、FPの資格が必要不可欠。持っていて当たり前という雰囲気さえあります。そのため就職を目指す学生や転職準備を進める方には非常に人気の資格です。
また独立開業の観点から見ますと、宅建士や税理士として開業する場合のWライセンスとして高く評価されています。反対にフリーのFPとして活動する時に不動産の専門知識が必要とされる背景などもあり、特にFPと宅建は非常に相性の良い資格です。

■試験情報
FP技能検定の主催団体には、日本FP協会主催と、金融財政事情研究会(通称「金財」)が2つがあります。そのうちAFPを取得できるのは日本FP協会のみです。受験生の支持なども圧倒的に高い協会ですので、迷わずこちらを受けるようにしてください。
FP技能試験には、学科試験と実技試験があります。学科試験は「ライフプランニングと資金計画」、「リスク管理」、「金融資産運用」、「タックスプランニング」、「不動産」、「相続・事業承継」の6科目。 各科目から10問ずつ合計60点満点で行われます。
実技試験は選択記入式や計算問題が中心で、これは学科試験の対策ができていれば、充分合格が可能です。例年の合格率も、両試験ともに35~40%の高い結果で推移しています。基礎的な知識をしっかり習得しておき、本番でケアレスミスさえしなければ高い角度で合格できます。

次のページ >>

>>資格に適した勉強方法を知ろう!