資格の勉強、スクールと通信の違い

就職や転職を控えているなら、時間はまったく無駄にできませんね。費用にしてもけっこうかかりますから、1円だって無駄にしないほうが身のためでしょう。
つまり、資格を取得してキャリアを高めたいときは「費用対効果」第一主義に徹したほうがよさそうです。ではその主義に沿って、資格を学ぶ方法(スクールか通信講座のどちらか、ですが)をうらなうとどうなるでしょうか? 

・費用面での「コストパフォーマンス」
スクールと通信講座で、同じ内容の講座でもほぼ金額が変わらないということもけっこうあります。しかしよく探したら、「通信講座のほうが格段に安かった」ということは珍しいことではありません(1社や2社しか見ずに決めてしまうのではなく、なるべくいくつもの業者を比べて回ったほうがいいでしょう)。

・時間面での「コストパフォーマンス」
その資格の受験勉強をする期間は、おそらくそんなに変わりません。ただし、毎日の勉強にかかる時間については、結果的に変わってしまうことがあります。
スクールの場合、週に何回か必ず講義に出席しないといけません。往復の通学時間がかかるため、それだけで時間的に不利になる恐れがあるのです。また、講義に出るだけで満足してはいけません(家でも、予習復習をはじめ自主的に勉強しないといけません)。
通信講座だったら、教材を全部送り届けてくれますから時間の確保やコントロールはやりやすくなります。

費用対効果で見ると、通信講座のほうが「就職・転職」を目前にしながら資格を欲している人のためには合っているのではないでしょうか。スクールの申し込みを検討するなら、そこまで考えてから決めるようにしましょう。

次のページ >>

>>資格に適した勉強方法を知ろう!